業務用ホームケア化粧品をエステで導入するメリット

ホームケアに使用する業務用化粧品を導入すると、エステを長く経営していくために役立つというメリットがあります。エステを経営する上では、まず予約を常にいっぱいにすることを目指していくことが最重要でしょう。そして、その中からリピーターを獲得していくことが大切になります。
ただ、悪天候や自分自身の体調がすぐれないなどの理由で、予約が取れなかったり、予約がキャンセルになったりするということも考えられます。つまり、予約を取っていくことに注力するだけでは息の長い経営を目指すには不安定です。予約以外の収入源となる業務用ホームケア化粧品を取り入れて販売していくことで、より経営を安定させることができます。化粧品自体のリピーターも獲得できれば、さらに安定的な経営が目指せるでしょう。

選び方のコツ

業務用ホームケア化粧品を導入する際には、いくつかのポイントを意識して商品を選びましょう。まず、自店のコンセプトにマッチした商品を選ぶことです。例えば自店でアンチエイジングに力を入れているなら、化粧品もアンチエイジング効果の高いものを選ぶようにします。
また、顧客の年齢層やニーズに合わせて商品をラインナップすることも大切です。すでにエステを開業しているなら、カウンセリングでどのようなニーズを持つ人が多いのか分かるはずですので、そのデータを商品選びの参考にします。
商品は市販のものではなく、プロ用に開発されたものを選びましょう。プロ用の物は市販で簡単には手に入らない上、効果の高さや使用感の良さを追求されたものがたくさんあります。顧客に特別感や満足感を得ていただくことができるのではないでしょうか。

購入時や販売時のポイント

業務用ホームケア化粧品は、リピーターを獲得するためにも商品を短期間でころころ変えるのではなく、同じものを継続的に取り扱っていくようにしましょう。発注先を一つに絞るなど、仕入れの効率やコスト面も考えて購入します。
販売する商品を選んだら、その商品の効果や成分を完璧に把握しておきましょう。そして、どのような効果が期待できる化粧品なのかを、分かりやすい言葉で伝えられるようにシミュレーションしておきます。効果や成分で何か疑問点があれば、購入した店舗やメーカーに遠慮なく問い合わせをして教えてもらいましょう。商品によっては、資料請求やデモンストレーションの依頼ができることもあります。

ピックアップ記事

業務用化粧品は通販が便利

エステの開業や新規の導入に伴って業務用化粧品を購入する場合、美容専門の卸売通販サイトを利用して必要なものを揃えるのが便利です。卸売通販サイトを使えば、事業者向けの特別価格で業務用化粧品を購入することが...

OEM製造の業務用化粧品

自店で取り扱う業務用化粧品を、OEMで製造するという方法があります。OEMとは、Original Equipment Manufactureの頭文字を取ったもので、委託された業者が発注主に代わって商品...

一つに絞る業務用化粧品メーカー

業務用化粧品を導入する際、どのメーカーの商品にするかは難しい問題です。途中で商品を頻繁に変えることになれば、お客様に不安感を与えかねません。サンプルを取り寄せるなどして使用感や効果を確かめてから慎重に...

業務用ホームケア化粧品をエステで導入するメリット

ホームケアに使用する業務用化粧品を導入すると、エステを長く経営していくために役立つというメリットがあります。エステを経営する上では、まず予約を常にいっぱいにすることを目指していくことが最重要でしょう。...


コンテンツ

カテゴリー