OEM製造の業務用化粧品

自店で取り扱う業務用化粧品を、OEMで製造するという方法があります。OEMとは、Original Equipment Manufactureの頭文字を取ったもので、委託された業者が発注主に代わって商品の製造を行うことをいいます。自社工場を持っていなくてもオリジナルの商品を製造することができますので、自動車業界や電気機器業界など、様々な業界で取り入れられている方法です。
業務用化粧品のOEM製造では、化粧水や美容液などの基礎化粧品はもちろん、脱毛ジェルやヒト幹細胞培養液など、あらゆる商品を発注することが可能です。オリジナルの業務用化粧品を作りたいなら、どのような種類や成分の商品が作れるのか、OEM製造を請け負う業者に問い合わせてみましょう。

OEMで業務用化粧品を製造するメリット

オリジナル商品ではない業務用化粧品を取り扱う場合、他店やネット通販の商品と競合して、顧客を奪われてしまう可能性があります。OEMで製造すれば、自店のオリジナル商品を展開できるので、そのような心配が少なくて済みます。
また、オリジナル商品があるというだけでお客様からの信頼度が高まり、自店のブランディングに役立ちます。配合する成分やパッケージデザインなども自店のこだわりをふんだんに取り入れたものに仕上がりますので、お客様への商品説明もしやすく、ホームケア用化粧品として販売強化していきやすいというメリットもあります。
OEM製造を請け負う業者の中には、販売のサポートまで行ってくれる業者もあります。サポートが手厚い業者を選ぶと、導入がスムーズになるでしょう。

OEMの発注の流れ

OEMで業務用化粧品を発注する際の、大まかな流れを把握しておきましょう。まずは、製造を委託する業者との打ち合わせをします。そこで、作りたい化粧品の成分をはじめ、予算や製造ロットについて話し合います。導入の理由についても伝えておきます。作りたい商品の内容が確定したのち、サンプルが制作されますので、成分や使用感をチェックします。
次にパッケージのデザインを決定します。パッケージは、商品のイメージを決定づける非常に重要な要素です。ロゴやテーマカラーなど、希望を伝えましょう。業者からパッケージのデザイン案や、販促ツールの案がいくつか提案されますので、それらを確認して内容を詰めていきます。
ロットやパッケージデザインが決定したら工場で商品が製造されます。製造された商品が届いたら、任意の価格で販売をスタートしましょう。

ピックアップ記事

業務用化粧品は通販が便利

エステの開業や新規の導入に伴って業務用化粧品を購入する場合、美容専門の卸売通販サイトを利用して必要なものを揃えるのが便利です。卸売通販サイトを使えば、事業者向けの特別価格で業務用化粧品を購入することが...

OEM製造の業務用化粧品

自店で取り扱う業務用化粧品を、OEMで製造するという方法があります。OEMとは、Original Equipment Manufactureの頭文字を取ったもので、委託された業者が発注主に代わって商品...

一つに絞る業務用化粧品メーカー

業務用化粧品を導入する際、どのメーカーの商品にするかは難しい問題です。途中で商品を頻繁に変えることになれば、お客様に不安感を与えかねません。サンプルを取り寄せるなどして使用感や効果を確かめてから慎重に...

業務用ホームケア化粧品をエステで導入するメリット

ホームケアに使用する業務用化粧品を導入すると、エステを長く経営していくために役立つというメリットがあります。エステを経営する上では、まず予約を常にいっぱいにすることを目指していくことが最重要でしょう。...


コンテンツ

カテゴリー